学科の魅力

交通機械工学科とは

 

・モビリティ(交通機械)の本質を理解して、開発のステージへ

 航空機・ロケット・人工衛星や自動車などの最先端のモビリティ(交通機械)の開発は、世の中にない新たな価値を創造する刺激的で魅力的な仕事です。
 本学科は、基礎となる工学を統合的に扱う総合工学としてモビリティの設計・開発・製造・整備に関する技術を実践的に学びます。
 人間が知恵を絞って造りあげた自動車や航空機・ロケット・人工衛星などのいわゆる「交通機械」について、どういう知恵によって形を決めるのか、F1マシン、EVや航空機・ロケット・人工衛星の推進システム(エンジン)はどのような仕組みなのか、モビリティを操るために中身はどのようになっているのか、といったことを理論や実習を通じて学びます。このプロセスを通して総合工学を習得し、ものごとを系統的に捉え最適なものを創りあげることができるシステムインテグレーション能力を身につけることができます。
 また、風の流れを考慮した航空機や自動車のデザインの研究や、ディーゼルエンジンのエネルギーマネージメントに関する研究、電動車いすの自動運転システムなど、次世代のモビリティの研究を行っています。

 

交通機械工学科の自慢

1.学生フォーミュラ、航空宇宙研究会など、自主的な体験ができる
  「ものづくり」実践教育
2.ボーイング・エクスターンシップに参加し、航空産業に関係する将来技術の提案を英語で
   発表します。
3.AIやIoTなどの先進情報技術を学び、次世代モビリティ開発に対応。CATIA,SOLID WORS,
  MATLAB/Simulinkを使った教育を行っています。
4.機械工学をベースに総合工学としての航空宇宙工学や自動車工学の基礎が身につきます。
5.とにかく就職に強い機械工学という専門性を活かせる就職先は数多くあり、
  モビリティを主体とした幅広い分野に就職しています。


 

交通機械工学科は実技も基礎科目も重視

交通機械工学科では、1年次から演習や実習を行い、実際にものづくりを体験し、座学だけでは身につかないものづくりの楽しさや難しさを学ぶことが出来ます。また、2年次には、基礎力学、材料力学、流体力学、熱力学、製図といった、機械工学の基礎となる力学を学びます。これらの科目では、講義だけではなく、演習を行い、しっかりとした応用力が身につきます。

コース制で専門を深める

交通機械工学科は2コース制をとっており、1年次から2つのコースに分かれます。
航空機・宇宙機(ロケットや人工衛星)の先進的な開発技術を学ぶ
・「航空宇宙システム工学コース
自動車を中心に交通機械全般の先端的な開発技術を学ぶ
・「モビリティデザイン工学コース」の2つのコースがあります。
先端機械技術の融合体である輸送機器開発の教育を通じて、最新かつ高度な技術力を身につけます。
それぞれの専門について深く学び、4年次の卒業研究に進みます。

就職に強い交通機械工学科

交通機械工学科の卒業生は、ものづくりを主体とした幅広い分野に就職しています。歴史のある久留米工業大学は多くのOBが社会で活躍しており、高い就職率を維持しています。

交通機械工学科 PV

在学生の声


学科紹介リーフレット

交通機械工学科を紹介するリーフレットです。

関連する大学院・研究所

> 大学院 工学研究科 自動車システム工学専攻
> インテリジェント・モビリティ研究所